判った事


40歳からの年一人間ドック。
気がつけば、この歳。
気がつけば、一回も行った事ないな・・・人間ドック。
気がつくと、一人だど心もとない感じもする。
と言う事で、SWA48のメンバー、O野氏と一緒に”初”人間ドックへ。
まぁ、あれやこれやの検査三昧。
その中で一つ判った事があります!!

「採血が、苦手です!」
と言うよりは、体内から何かを抜かれる事、自体がダメな様です。
ヌクのは好きなんですが・・・って、下ネタかっ!!

その昔、足首から水を抜く時もそうだったんですが・・・まさかの気絶!
お医者さんに、「終わりましたよ~」と遠くから聞こえる声。
我に返ると”気絶”をしてたんだと・・・。
そんな昔の記憶が蘇えりました。

採血の小さい試験管/2本目あたりからでしょうか?
アレっ!?何だかオカシイ・・・。
アレっ!?看護婦さんの声が遠くに聞こえる・・・。
アっ!?マジ、ヤバイ・・・おちる・・・。
のギリギリのその時に、採血終了!!
待合室に戻る時の記憶が、断片的にありません・・・。
一つ言える事は、間違いなくフラフラで歩いていた事。
看護婦さんに、待合室で「大丈夫ぅ??」って聞かれる程。
人間ドックの採血で”気絶した”なんて言ったら、些かの恥ずかしめ。

そんな事は、皆さんは無いかと思いますが・・・”ジィ~”と採血を見る事はオススメ致しません。
そして、来年の採血の時は、絶対に見ない!!と心に誓った日でもございました。